culture

有形・無形文化財撮影

CULTURAL PROPERTY

貴重な記録を確実に

有形文化財・無形民俗文化財関係の映像を記録・広報・伝承の目的で
制作いたします。
古墳・埋蔵文化財関連の記録映像も撮影・編集可能です。

地元、奈良県にて数ある文化財の記録撮影・編集を行ってきました。
地元ならではのフットワークの軽さ(よさ)と知識と経験により
あらゆるニーズに応えます。

Moriwaki Video Kikaku

文化財撮影でこんなお悩みがあれば、
ぜひご相談ください

  • 古い映像資料も一緒にアーカイブ化してほしい
  • 伝承映像を作りたい
  • すべての映像データを資料として残したい
  • アーカイブを作成したい
  • 音もきれいに録音したい

Moriwaki Video Kikaku

当社が
文化財撮影で選ばれる理由

  • 実績豊富なプロカメラマンと
    ディレクター

    さまざまなイベント記録を経験したスタッフ
    奈良を熟知したスタッフ
    TVやドキュメンタリー撮影を経験したスタッフが在籍。
    撮影内容に適したカメラマンが対応します。
    参考文献は、国会図書館で調べることもあります。

  • 豊富なプロ機材

    ビデオカメラ1~10台対応可能です。
    ドローンによる中継も可能です。(10分程度)

  • 地元ならではの対応

    地域の方々との交流により、定期的お話しを聞かせていただくことができ、
    コミュニケーションをとりながらの打合せが可能です。

  • 古い映像メディアの
    デジタル化が可能

    8mmフィルム、U-Matic等古い映像メディアのデジタル化も可能です。

  • マルチアングルで伝承ビデオの制作も可能

    踊り方、服装の着付け、太鼓のたたき方などマルチアングルのカメラにより撮影可能です。
    音楽のわかるスタッフもおり、楽譜をおこして、楽譜を表示させながらの伝承ビデオの制作も可能です

  • ハードディスクやDVD・ブルーレイで保存可能

    編集した映像と撮影映像素材すべてをハードディスクにて納品することが可能です。
    撮影映像素材すべてをDVDやブルーレイディスクに保存することも可能です。

  • アーカイブデータの作成も可能

    写真や資料、映像によるHP作成やアーカイブデータの作成も可能です。

  • 音源や音声の録音も可能

    この人しか歌えない歌など、貴重な音源を録音・編集することが可能です。

Moriwaki Video Kikaku

ご相談から納品までの流れ

  1. ご相談

    お電話、またはお問合わせフォームよりご相談ください。
    お電話、またはご訪問にてお打合せいたします。

    ご相談
  2. プランのご提案

    内容によりカメラ台数・スタッフ人数・スケジュールなどと合わせてお見積りいたします。
    仕様書の作成から対応可能です。

    プランのご提案
  3. 構成・台本作成

    どんなコンテンツを作成するのか?
    どんなシーンを記録するのか?最終的なイメージを共有いたします。

    構成・台本作成
  4. 現地打合せ

    地元の方々と打合せをし、撮影に必要な機材・スタッフ・スケジュールの確認を行います。

    現地打合せ
  5. 撮影当日

    内容によりディレクター、カメラマン、アシスタント、音声等1~10名程度で、さまざまなスタッフがチームとなり撮影いたします。

    撮影当日
  6. 仮編集

    台本に合わせて、編集をいたします。仮に仕上がった映像をご確認いただきます。
    場合によっては、現地でかかわった方々に見ていただく場合もあります。

    仮編集
  7. 音編集

    プロのナレーターによるナレーションやBGMを挿入していきます。
    場合により、ナレーション録音のときにお客様にお立会いいただくことがあります。

    音編集
  8. 納品

    パッケージをデザインしたDVDやブルーレイのディスク、ハードディスクにて納品いたします。各関係者に発送を代行することも可能です。

    納品

Moriwaki Video Kikaku

よくある質問

仕様書作成をお願いすることは可能ですか?

可能です。
仕様書について詳しくお伺いいたしますので、お気軽にご相談ください。

記録写真の依頼もできますか?

可能です。
経験豊富なカメラマンを手配いたします。お気軽にご相談ください。